2012年06月13日

そら豆のゆで方

パスタやスープによくあるそら豆。
メインではありませんが、名脇役として
美味しく食事を盛り立ててくれてます。
そんなそら豆ですが、ゆで方によって
味がぜんぜん違うことをご存知でしょうか。
下にそら豆のゆで方を動画でアップしたものがありますので紹介します。
むき方、洗い方や氷水での冷やし方など
各工程に分けて、詳しく教えてくれます。
海外の動画ですが、非常にわかりやすいです。
手間はかかりますが、格別なそら豆の楽しみたい方にはオススメです。

ソラマメの茹で方
http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=ZgPh1heB9Pk&noredirect=1


動画がみれない人のために下記にカンタンな概略を
書いておきます。

■そら豆の選び方
鮮やかな緑の豆を選んでください。

■豆の取り出し
皮をむき、指をスライドさせて豆をとりだしましょう。
力をいれすぎないように注意です。つぶれてしまいます。
豆自体はは皮に比べて小さいです。
たくさん食べたい方は多めでもよいと思いますが
カロリーが結構ありますので、注意です。
>> そら豆のカロリーと栄養素

豆は、汚れをきれいに落としてください。
むきやすくするため、包丁で切り込みを入れておきましょう

■ゆでる
沸騰した湯で30秒ゆでます。塩を少々も忘れずに。


ぜひ挑戦してみてください。
こだわった「そら豆」の味は格別です!

posted by トーマス・ブレーク・グラバー at 19:15| Comment(0) | そら豆のゆで方

2012年02月17日

そら豆の上手な栽培法


お庭があれば、そら豆を育てることもできます。
冬を越す植物ですので、時期と育て方にはコツがいります。
下のサイトでは、市販のポット栽培からの一般家庭向けの
栽培法について紹介されています。
畑の準備と収穫までを2部構成にして説明されています。
畑の準備編では、土壌のPH調整値についてや、畝の幅について
記載しています。

>> そら豆畑の準備


後編では、以下の見出しにわけて栽培法を載せています。

■植え付け
■土寄せ・追肥
■収穫

植える時期、冬の霜対策などに
ついても詳しく書かれています。

>> そら豆の植え付けから収穫まで

自作はなかなか手間はかかります。
ご参考までに。
posted by トーマス・ブレーク・グラバー at 17:27| Comment(0) | そら豆の栽培法について

2012年02月16日

そら豆のカロリーと栄養素


カロリーは 348.0 kcal/ 100 g
とけっこうあります!
ダイエットの方には注意かもしれません。
下にそらまめ(100g当たりに含まれる栄養)の成分表を乗せておきます。

五訂日本食品標準成分表:そらまめ
http://cgi.members.interq.or.jp/sapphire/satoshi/cgi-bin/nutrition/database.cgi?sline=233&print=1&keys1=4019&tid=list1


なお、同じくそら豆であるおたふく豆(お多福豆)となると
251.0 kcal/ 100 g
とカロリーは抑えられます。

五訂日本食品標準成分表:そらまめ・おたふく豆
http://cgi.members.interq.or.jp/sapphire/satoshi/cgi-bin/nutrition/database.cgi?sline=235&print=1&keys1=4021&tid=list1

おたふく豆とは、黒くて甘い煮豆です。
あれそら豆だったんですね。

各栄養素については、高い数値を持っているようです。
そら豆には、ビタミンCとビタミンEが含まれています。
このビタミンCとビタミンEは
「コレステロール」と関係しています。
コレステロールを排出するためには
胆汁酸へ変化させないといけないのですが
ここにビタミンCが必要になります。
また、ビタミンEはHDLの増加させる性質をもっています。
HDLはコレステロールの増殖を抑えてくれる働きがあります。
つまり、そら豆はコレストロール値を
下げてくれる食品であることがわかります。
ご参考までに〜


posted by トーマス・ブレーク・グラバー at 17:07| Comment(1) | そら豆のカロリーと栄養素